(ORCD 179) SEWER FIEND / Echoes from the Cistern (CD)


(ORCD 179) SEWER FIEND / Echoes from the Cistern (CD) 

Release date : 25th March 2022 


UK Doomed Death Metal band come from England's new sewer. Rotted muddy stench riffs mixed doomy funeral line. Featuring a member of CRYPTIC SHIFT / SLIMELORD.

For fans of : diSEMBOWELMENT, EVOKEN, SPECTRAL VOICE, WORM. Their debut 3 songs EP. Asian Limited Edition with Red logo cover.  


1. Writhing in Stagnant Water 

2. Pulsating Mass of Worms 

3. Echoes from the Cistern


(ORCD 178) MORTIFY / Buzzsaw Sickness (3" MCD / Shaped disk)



(ORCD 178) MORTIFY / Buzzsaw Sickness (3" MCD / Shaped disk)
Release date : 25th May 2022 

"Less than 1 min" - Buzzsaw Grind, MORTIFY's 5 new recording (inc Brazil Grind Legend ROT cover). 2min 54sec on shaped 3" MCD. Limited 500 copies.

1. Generator
2. Stomach Churner
3. Chemical Plant
4. Dismal
5. Life is not so kind (ROT)

スウェディッシュデスメタルのトレードマークともいうべきBoss HM-2によるBuzzsawサウンドを武器に1分未満の秒殺グラインドコアをプレイするMORTIFY。ブラジル・グラインドレジェンド、ROTのカバー含む新録5曲を収録。今回も全曲1分未満の秒殺グラインド、5曲で2分54秒!! 7.5x6cmサイズの変形8センチミニCD仕様で限定500枚。

(ORCD 174) ABSTRACTER / Abominion (Digipak CD)


(ORCD 174) ABSTRACTER / Abominion (Digipak CD)
Release Date : 26th Nov 2021

Blackened Doom / Sludge from Oakland, USA. 4th album.
Asian Limited Digipak version comes with Obi.

2010年結成、US・カリフォルニア、オークランド出身のブラッケンドスラッジ・ドゥーム。2018年にはサードアルバム “Cinereous Incarnate” (日本盤はDaymare Recordingsから発売)と共にジャパン・ツアーを敢行し日本列島を暗黒で覆い尽くしたABSTRACTER。
3年ぶりとなる本作4thアルバムでは前作からさらに暗く重く激しくなった楽曲。フューネラル・ドゥームにも通じる引きずるような超遅重テンポ、ウォーブラックメタルを彷彿とさせる爆撃型ブラストビートと「重」が「激」が渾然一体となって暗黒のさらに深い暗黒へと潜り込んだ。一寸の光も届かない真闇。ブラックホールのような凄まじい作品となっています。

(ORCD 173) GRAVAVGRAV / Death Said… demo 2 (CD)



(ORCD 173) GRAVAVGRAV / Death Said… demo 2 (CD)
Release Date : 5th Nov 2021

Bored Death Metal. Featuring member of CSSO / BUTCHER ABC, FINAL EXIT / MORTIFY and KANDARIVAS. All artwork and logo designed by Swedish Artist, Ragnar Persson.
1 new song + Black Sabbath cover + 2 spoken words

1. Death Said to Life
2. Slowly, We Are Rotting (Stench version)
3. Black Sabbath (cover / 6min 66sec version)
4. 死が生にいう

2021年1月結成。メンバーにBUTCHER ABC、FINAL EXIT / MORTIFY、KANDARIVASのメンバーによる国産オールドスクール・デスメタル。映画 「ミッドサマー」の映画内に使用されたイラストを手がけたスウェーデンのRagnar Perssonもアートワークメンバーとして参加。自ら「Bored Death Metal」を標榜し初期デスメタルバンドとアンダーグラウンドシーンから影響を受けた、”味気なく華がない盛り上がりにかける「退屈」なデスメタル”を楽曲制作コンセプトに据えて活動。結成からこれまでにいくつかの自主デモ音源をCDR・カセットテープをメインに発表。
今回はCDフォーマットでObliteration Recordsからのリリース。新曲1曲とBLACK SABBATH “Black Sabbath”のカバーを含む2曲を収録したセカンドデモ音源。

(ORCD 171) PULMONARY FIBROSIS / Pulmonologists (CD)


(ORCD 171) PULMONARY FIBROSIS / Pulmonologists (CD)
Released date : 18th Feb 2022

French Hyper blast Gore Grind. Full of pitch shifted sewer vocal with merciless blast. 17 songs full album, Artwork by Luisma of HAEMORRHAGE.
2015年にジャパン・ツアーも遂行したフランス産ツインヴォーカル・ゴアグラインド。1998年に結成、アンダーグラウンドシーンで数々の音源をリリースしこれまでに80タイトル以上のデモ、アルバム、スプリット・アルバムをリリース。ライブ、ツアーなども精力的に行い2018年には日本のVISCERA INFESTと北米ツアーを、2019年にはObscene Extreme フェスティバルにも出演。LAST DAYS OF HUMANITYやDEAD INFECTIONから多大な影響を受けたダウンチューニングギター、ハイスピード&ハイピッチスネアのカンカンブラストとピッチシフターエフェクトの下水道ヴォーカルが大炸裂した激重ゴアグラインド。全17曲を収録。
ジャケットアートワークはスペインパソロジカル・ゴアグラインドレジェンド、HAEMORRHAGEのLuismaが手がける!!
 

(ORCD 172) KANDARIVAS / ガラパチ ~鳶と窒素~ (CD)


(ORCD 172) KANDARIVAS / ガラパチ ~鳶と窒素~ (CD)
Release date : 11th Oct 2021

Japanese Tribal / Experimental Grind Core.  Brand new single with new drummer, Kyosuke (ABORT MASTICATION / NO ONE KNOWS WHAT THE DEAD THINK / ex COHOL).

東京下町・神田結成、和太鼓を取り入れたエクスペリメンタル・トライバルグラインドコア。新ドラマーにABORT MASTICATION / ex COHOLでの活動歴もありDISCORDANCE AXISのJon Changが2016年に結成したグラインドコアバンド、NO ONE KNOWS WHAT THE DEAD THINKのレコーディングにも参加した凄腕ドラマー、Kyosukeが加入しての初レコーディング音源。和太鼓メンバーには脱退したKaikiが復帰。
新生KANDARIVASの門出となる1曲は「がらっぱち」な「江戸の火消し」をテーマにした”ガラパチ ~鳶と窒素~”。神田節を炸裂させたキャッチーで覚えやすい口ずさめるような明るいお祭りナンバーで前回、コロナ禍で制作・発表された”Blood Surgical Death”の緊張感に満ちた作品から、かつてのKANDARIVASらしい楽曲に回帰したイントロ含む2曲を収録。新生KANDARIVASの今後の活躍が期待できる渾身の1枚。

(ORCD 170) INFERNAL CURSE / Infernal Curse (邦題 : 地獄の呪い) (CD)


(ORCD 170) INFERNAL CURSE / Infernal Curse (CD)
Release date : 21st Nov 2021

Bestial Black Death Metal from Argentina. INFERNAL CURSE
Brand new 1 song recording in 2021 + 1 song taken from Split 7” with GOAT SEMEN and 2 more songs from “…of Death and Nihilism” 7”EP.
Totally 4 songs in 18 min.

1. Deity of plagues and destruction
2. Antyesti
3. Crush the Synagogue
4. …of Death and Nihilism

2013年に来日ツアーも敢行したアルゼンチン出身のベスチャルブラック・デスメタル、INFERNAL CURSE。南米のアンダーグラウンドシーンだけでなくアジアのベスチャルブラック・デスメタルとも交流が深くバングラディシュ、フィリピン、マレーシア、スリランカなどアジアにも精力的にツアーする呪いの伝道師。初期SEPULTURAやSARCOFAGOなど南米デス・スラッシュメタルから影響を受けた邪悪なリフとデスメタルの重苦しさが融合した楽曲。

今回リリースとなるCDは2021年に録音された新曲1曲にメガレア音源で入手困難なGOAT SEMENとの限定200枚スプリット7インチの収録曲、2019年リリースの”…of Death and Nihilism”7インチ音源の2曲を収録。限定700枚プレス。


(ORCD 169) NECROPHILE / Dissociated Modernity - 30th anniversary (CD)

 

(ORCD 169) NECROPHILE / Dissociated Modernity - 30th anniversary (CD)
Release Date : 19th Nov 2021

Japanese legend Death Metal. 2x 1991 recorded songs + 1988 Reh song + 3 x re-recorded songs in 2021. 30th anniversary album. 

1987年結成、日本の、そして世界のデスメタルシーン黎明期から活動を続けるNECROPHILE。結成当時、メンバーは16歳という若さですでに世界のデスメタルシーンと交流。国産デスメタルバンドとして初のアメリカツアーを敢行した1991年から30年目を迎える2021年。アメリカツアーに合わせてリリースされた”Dissociated Modernity” 7インチEPをCDフォーマットで復刻リリース。再発にあたり現メンバーでの再レコーディングヴァージョンも収録した30周年記念盤。さらにNECROPHILEの楽曲として初めて作曲された”Ritual of Death”の1988年リハーサル音源と2021年レコーディングヴァージョンも収録。1991年と2021年の30年間を繋ぐデスメタル史に残る重要な1枚です。

1. Dissociated Modernity (2021 version)
2. Night of the Gloomy Narcissist (2021 version)
3. Ritual Of Death  (2021 version)
4. Dissociated Modernity (1991 version)
5. Night of the Gloomy Narcissist (1991 version)
6. Ritual Of Death (1988 rehearsal)


(ORCD 168) KANDARIVAS / Blood Surgical Death (Gatefold Paper Sleeve CD)

(ORCD 168) KANDARIVAS / Blood Surgical Death (Gatefold Paper Sleeve CD)
Release date : 21st May 2021

Japanese Tribal / Experimental Grind Core, KANDARIVAS. Founder band member Tomoki, a real respiratory doctor (general thoracic surgeon).
This album was created on the frontlines of the medical systems collapse fighting COVID-19. Featuring brand new 13 songs. Recorded at Studio ChaosK

東京下町・神田結成、和太鼓を取り入れたエクスペリメンタル・トライバルグラインドコア。バンドリーダー、トモキがコロナ禍において彼の本業でもある外科医として、医療現場で感じた危機感、病院に送られてきた死体袋、感染の恐怖などを楽曲に向けて吐き出し、制作されたコンセプトアルバム。
アルバムジャケットでは彼自身の血液を抜き取り、ゆっくりと凝血しひび割れていく過程を写真に収め、コロナ禍で社会が不安と恐怖に取り込まれ崩壊していったさまをメタファーとして表現。また日本語歌詞にも拘り、ミュージシャンそして医師としての言葉が綴られ、アルバムのラストは「死体袋」と題された曲で終わる。これまでのKANDARIVASの音源とは違った緊張感に満ちたアルバムに仕上がった。またこのレコーディングを最後にドラムのOnoboneが脱退。楽曲だけでなくバンドとしても転換期となる重要な1枚。

Armageddon Over Japan

Armageddon Over Japan
2020年から続くCovid-19パンデミックも終息せず閉塞感ばかりが増していますがアンダーグラウンドシーンを通して地域活性化をしていこうと2021年から日本全国ではるまげ堂即売会を開催する ”Armageddon Over Japan” プロジェクトをスタート。
48都道府県のエクストリームメタルヘッドと交流し日本全国に国産デスメタル・グラインドコアバンドを紹介・普及しようと制作されたコンピレーションアルバム。第一弾となるVol.1はサウンドも活動拠点も様々な22バンドが参加。レコードショップやライブハウスだけでなく日本のメタルファンが集う各所にて販売・配布を展開していきます。

(Japan 001) Armageddon Over Japan / Vol.1 (Paper sleeve CD)
発売日 : 2021年4月30日 / 販売価格 : 500円 (税抜き) 

== 取り扱いショップなどはこちら ==
ムスカンカレーレストラン (東京都台東区駒形)
矢田醤油店 (島根県安来)
EAST INK Tattoo Studio (神奈川県横須賀)
Speak EZ Bar / とんかつ シリウス (静岡県沼津)
工房ひなゆめ (愛知県犬山)
Revenge Records (大阪 南堀江)
RECORD SHOP CONQUEST (茨城県日立)
PUNK AND DESTROY (大阪 西心斎橋)
S.A.Music (大阪 日本橋西)
DIGDIG (岡山市北区)
BASE (東京 高円寺)
DISK UNION (オンライン + ショップ)
MISERY (広島市)
ビリヤード Hammer (広島市胡町)
El Puente (西横浜)
Bushbash (東京 小岩)
Deathrash Armageddon (北海道 / オンライン)
Socore Factory (大阪 南堀江)
Loop Hole Gallery (東京 府中)
メキシコ食堂 Tres (青森)

and more...


01. COFFINS (東京)
02. UNHOLY GRAVE (名古屋)
03. DEADLY SPAWN (東京)
04. NECROPHILE (東京 / 神奈川)
05. HYDROPHOBIA (福岡) 
06. SUBCONSCIOUS TERROR (大阪) 
07. CRY (横浜)
08. VOMIT REMNANTS (東京)
09. TASTE (仙台) 
10. ANATOMIA (東京)
11. INVICTUS (長野)
12. VULGAROYAL BLOODHILL (岡崎)
13. SECOND RESURRECTION (福島)
14. GATE (栃木)
15. VISCERA INFEST (大分)
16. DEATHTOPIA (大阪 / イタリア)
17. MORTIFY (東京 / アメリカ)
18. CRASH SYNDROM (ウクライナ / 東京)
19. KANDARIVAS (神田)
20. FESTERDECAY (福岡) 
21. FECUNDATION (韓国 / 東京)
22. PARASITARIO (大阪)