(ORCD 184) GRAVAVGRAV / demo #3 - 2022 (CD)



(ORCD 184) GRAVAVGRAV / demo #3 - 2022 (CD) 

Release Date : 9th September 


Bored Death Metal. 3rd demo on CD. Limited 700. 

Featuring member of CSSO / BUTCHER ABC, FINAL EXIT / MORTIFY and KANDARIVAS. 


1. Penance in June - 六月の懺悔 

2. 七月の空の下 - Under the July Sky (Poem) 

3. Under the July Sky 


日本のオールドスクール・デスメタル・バンド、GRAVAVGRAV!! 

1曲約11分を収録した衝撃の3rdデモ!! CDは限定700枚、カセットは限定100本のリリース。 

結成は20211月とまだ若いものの、すでに10作以上のデモ、Split、ライヴ、コンピレーション等の音源を発表。また、ライヴ・シーンではROSEROSEcuntsKRUELTYの企画、Grind Freaksや、Nal (Gt,Vo,Poem)が主宰するObliteration Recordsの企画を始めとして多数のステージに上がり数々の名バンドと共演。昨今のパンデミック環境で、最も精力的な活動を行ってきたエクストリーム系バンドの一つがGRAVAVGRAVだ。 

メンバーは、Nal (Gt,Vo,Poem)KandarivasTom (Gt)Final ExitMortifySu19b他のRyo (Dr)3名。アートワークでクレジットされてきたRagnar Perssonは今後のリリース音源では朗読でも参加予定。重鎮オールドスクール・デス、和太鼓を取り入れたエクスペリメンタル・トライバル・グラインドコア、国際的な評価を得るノイズ・グラインドのオリジネイターやスラッジ等の人脈が揃い「Bored Death Metal 退屈なデスメタル」の音楽性を標榜しながら活動。そしてこの衝撃の3rdデモにて持ち前の退屈さを更新し、極東アンダーグラウンドにデスメタルの懐の広さを見せつける。 

スタジオ音源としては2021年秋の2ndデモ Death Said... に続く3作目、町田のGateway Studioにてレコーディングされ、Ryoが運営するextremynegativemindsにてミックスが施された。Grave99%カヴァー・ソング&ロゴから始まった初期のデスメタル・サウンドからは大きく逸脱した様相。ヘヴィ・ドローン、薄暗いポエム、デスメタルといった3部構成は、生きているのに死んでいるかのような表情を浮かべ、人生の退屈さを映し出すかのごとき特有の体験性を表出する。それはGraveAsphyx等といった、日本で人気の出ないと語られてきたスタイルに光を当てる類いか、Burning WitchGodflesh等に始まるドープなコンテクストの応用か。さらなる今後の発展を期待させる要注目作。 


Text by 村田恭基 (オールドスクール・デスメタル・ガイドブック著者) 


(ORCD 179) SEWER FIEND / Echoes from the Cistern (CD)


(ORCD 179) SEWER FIEND / Echoes from the Cistern (CD) 

Release date : 25th March 2022 


UK Doomed Death Metal band come from England's new sewer. Rotted muddy stench riffs mixed doomy funeral line. Featuring a member of CRYPTIC SHIFT / SLIMELORD.

For fans of : diSEMBOWELMENT, EVOKEN, SPECTRAL VOICE, WORM. Their debut 3 songs EP. Asian Limited Edition with Red logo cover.  


1. Writhing in Stagnant Water 

2. Pulsating Mass of Worms 

3. Echoes from the Cistern


(ORCD 178) MORTIFY / Buzzsaw Sickness (3" MCD / Shaped disk)



(ORCD 178) MORTIFY / Buzzsaw Sickness (3" MCD / Shaped disk)
Release date : 25th May 2022 

"Less than 1 min" - Buzzsaw Grind, MORTIFY's 5 new recording (inc Brazil Grind Legend ROT cover). 2min 54sec on shaped 3" MCD. Limited 500 copies.

1. Generator
2. Stomach Churner
3. Chemical Plant
4. Dismal
5. Life is not so kind (ROT)

スウェディッシュデスメタルのトレードマークともいうべきBoss HM-2によるBuzzsawサウンドを武器に1分未満の秒殺グラインドコアをプレイするMORTIFY。ブラジル・グラインドレジェンド、ROTのカバー含む新録5曲を収録。今回も全曲1分未満の秒殺グラインド、5曲で2分54秒!! 7.5x6cmサイズの変形8センチミニCD仕様で限定500枚。

(ORCD 175) DEPARTURE CHANDELIER / Dripping Papal Blood (3" MCD / Slim case)

 


(ORCD 175) DEPARTURE CHANDELIER / Dripping Papal Blood (3" MCD / Slim case)

Release Date : 15th July 2022  

Asian exclusive version - Limited 700

ASH POOLのDominick FernowとKris Lapke、AKITSAのCrucifixus(O.T.)によるブラック・メタル。2019年にNuclear War Now1からリリースされた彼等の1stアルバム『Antichrist Rise to Power』は、ASH POOLの様なRawブラック・メタルでもAKITSAの様な発狂ブラック・メタルでもない、神々しさと禍々しさが交錯する、プリミティヴ・ブラック・メタルの範疇を超えたサウンドでアンダーグラウンドで大いに注目を集めた。

本作は2010年にレコーディングされていた2ndデモ用の音源で、2020年にデジタル配信されていたが今回NWN!からフィジカル・リリースとなった。本作はナポレオンとローマ教皇ピウス7世の対立(最終的にはピウス7世の幽閉に至る)をテーマにしたものらしい。ブラック・メタルが歴史実を題材とすることは珍しいが、どうやらバンド自体がフランスの歴史をコンセプトとしているようだ。そのことが関係あるのか、音の方もフレンチ・ブラック・メタルに通じる要素を随所で感じ取ることが出来る。

そして本作のサウンドであるが、はっきり言って名作『Antichrist Rise to Power』と同等か、それ以上の衝撃を与えてくれる。全体を覆い尽くすドス黒く神々しい空気はDEATHSPELL OMEGAに近いものがあるが、サウンド・スタイルはDoSとは全く異なる。作品のコンセプトに沿ったようなミドル・テンポ・パートによる勇壮な展開が主体であり、初期SUMMONING等のエピック・ブラック・メタルを彷彿させたりもするが、さらにそこに真性な漆黒空気が塗されている。儀式的雰囲気と不穏な空気を強烈に発するイントロとアウトロも含めて4曲でありながら作品としての完成度が驚異的に高い。なぜこんなにも崇高なる絶品音源をお蔵入りにしていたのだろう?アンダーグラウンド・ブラック・メタル・フリークスは必須作。さらにブラック・メタルの枠を超えて、広く暗黒エクストリーム音楽愛好家に響く逸品であると断言したい。

Text by BLOOD FIRE DEATH

(ORCD 174) ABSTRACTER / Abominion (Digipak CD)


(ORCD 174) ABSTRACTER / Abominion (Digipak CD)
Release Date : 26th Nov 2021

Blackened Doom / Sludge from Oakland, USA. 4th album.
Asian Limited Digipak version comes with Obi.

2010年結成、US・カリフォルニア、オークランド出身のブラッケンドスラッジ・ドゥーム。2018年にはサードアルバム “Cinereous Incarnate” (日本盤はDaymare Recordingsから発売)と共にジャパン・ツアーを敢行し日本列島を暗黒で覆い尽くしたABSTRACTER。
3年ぶりとなる本作4thアルバムでは前作からさらに暗く重く激しくなった楽曲。フューネラル・ドゥームにも通じる引きずるような超遅重テンポ、ウォーブラックメタルを彷彿とさせる爆撃型ブラストビートと「重」が「激」が渾然一体となって暗黒のさらに深い暗黒へと潜り込んだ。一寸の光も届かない真闇。ブラックホールのような凄まじい作品となっています。

(ORCD 173) GRAVAVGRAV / Death Said… demo 2 (CD)



(ORCD 173) GRAVAVGRAV / Death Said… demo 2 (CD)
Release Date : 5th Nov 2021

Bored Death Metal. Featuring member of CSSO / BUTCHER ABC, FINAL EXIT / MORTIFY and KANDARIVAS. All artwork and logo designed by Swedish Artist, Ragnar Persson.
1 new song + Black Sabbath cover + 2 spoken words

1. Death Said to Life
2. Slowly, We Are Rotting (Stench version)
3. Black Sabbath (cover / 6min 66sec version)
4. 死が生にいう

2021年1月結成。メンバーにBUTCHER ABC、FINAL EXIT / MORTIFY、KANDARIVASのメンバーによる国産オールドスクール・デスメタル。映画 「ミッドサマー」の映画内に使用されたイラストを手がけたスウェーデンのRagnar Perssonもアートワークメンバーとして参加。自ら「Bored Death Metal」を標榜し初期デスメタルバンドとアンダーグラウンドシーンから影響を受けた、”味気なく華がない盛り上がりにかける「退屈」なデスメタル”を楽曲制作コンセプトに据えて活動。結成からこれまでにいくつかの自主デモ音源をCDR・カセットテープをメインに発表。
今回はCDフォーマットでObliteration Recordsからのリリース。新曲1曲とBLACK SABBATH “Black Sabbath”のカバーを含む2曲を収録したセカンドデモ音源。

(ORCD 171) PULMONARY FIBROSIS / Pulmonologists (CD)


(ORCD 171) PULMONARY FIBROSIS / Pulmonologists (CD)
Released date : 18th Feb 2022

French Hyper blast Gore Grind. Full of pitch shifted sewer vocal with merciless blast. 17 songs full album, Artwork by Luisma of HAEMORRHAGE.
2015年にジャパン・ツアーも遂行したフランス産ツインヴォーカル・ゴアグラインド。1998年に結成、アンダーグラウンドシーンで数々の音源をリリースしこれまでに80タイトル以上のデモ、アルバム、スプリット・アルバムをリリース。ライブ、ツアーなども精力的に行い2018年には日本のVISCERA INFESTと北米ツアーを、2019年にはObscene Extreme フェスティバルにも出演。LAST DAYS OF HUMANITYやDEAD INFECTIONから多大な影響を受けたダウンチューニングギター、ハイスピード&ハイピッチスネアのカンカンブラストとピッチシフターエフェクトの下水道ヴォーカルが大炸裂した激重ゴアグラインド。全17曲を収録。
ジャケットアートワークはスペインパソロジカル・ゴアグラインドレジェンド、HAEMORRHAGEのLuismaが手がける!!
 

(ORCD 172) KANDARIVAS / ガラパチ ~鳶と窒素~ (CD)


(ORCD 172) KANDARIVAS / ガラパチ ~鳶と窒素~ (CD)
Release date : 11th Oct 2021

Japanese Tribal / Experimental Grind Core.  Brand new single with new drummer, Kyosuke (ABORT MASTICATION / NO ONE KNOWS WHAT THE DEAD THINK / ex COHOL).

東京下町・神田結成、和太鼓を取り入れたエクスペリメンタル・トライバルグラインドコア。新ドラマーにABORT MASTICATION / ex COHOLでの活動歴もありDISCORDANCE AXISのJon Changが2016年に結成したグラインドコアバンド、NO ONE KNOWS WHAT THE DEAD THINKのレコーディングにも参加した凄腕ドラマー、Kyosukeが加入しての初レコーディング音源。和太鼓メンバーには脱退したKaikiが復帰。
新生KANDARIVASの門出となる1曲は「がらっぱち」な「江戸の火消し」をテーマにした”ガラパチ ~鳶と窒素~”。神田節を炸裂させたキャッチーで覚えやすい口ずさめるような明るいお祭りナンバーで前回、コロナ禍で制作・発表された”Blood Surgical Death”の緊張感に満ちた作品から、かつてのKANDARIVASらしい楽曲に回帰したイントロ含む2曲を収録。新生KANDARIVASの今後の活躍が期待できる渾身の1枚。

(ORCD 170) INFERNAL CURSE / Infernal Curse (邦題 : 地獄の呪い) (CD)


(ORCD 170) INFERNAL CURSE / Infernal Curse (CD)
Release date : 21st Nov 2021

Bestial Black Death Metal from Argentina. INFERNAL CURSE
Brand new 1 song recording in 2021 + 1 song taken from Split 7” with GOAT SEMEN and 2 more songs from “…of Death and Nihilism” 7”EP.
Totally 4 songs in 18 min.

1. Deity of plagues and destruction
2. Antyesti
3. Crush the Synagogue
4. …of Death and Nihilism

2013年に来日ツアーも敢行したアルゼンチン出身のベスチャルブラック・デスメタル、INFERNAL CURSE。南米のアンダーグラウンドシーンだけでなくアジアのベスチャルブラック・デスメタルとも交流が深くバングラディシュ、フィリピン、マレーシア、スリランカなどアジアにも精力的にツアーする呪いの伝道師。初期SEPULTURAやSARCOFAGOなど南米デス・スラッシュメタルから影響を受けた邪悪なリフとデスメタルの重苦しさが融合した楽曲。

今回リリースとなるCDは2021年に録音された新曲1曲にメガレア音源で入手困難なGOAT SEMENとの限定200枚スプリット7インチの収録曲、2019年リリースの”…of Death and Nihilism”7インチ音源の2曲を収録。限定700枚プレス。


(ORCD 169) NECROPHILE / Dissociated Modernity - 30th anniversary (CD)

 

(ORCD 169) NECROPHILE / Dissociated Modernity - 30th anniversary (CD)
Release Date : 19th Nov 2021

Japanese legend Death Metal. 2x 1991 recorded songs + 1988 Reh song + 3 x re-recorded songs in 2021. 30th anniversary album. 

1987年結成、日本の、そして世界のデスメタルシーン黎明期から活動を続けるNECROPHILE。結成当時、メンバーは16歳という若さですでに世界のデスメタルシーンと交流。国産デスメタルバンドとして初のアメリカツアーを敢行した1991年から30年目を迎える2021年。アメリカツアーに合わせてリリースされた”Dissociated Modernity” 7インチEPをCDフォーマットで復刻リリース。再発にあたり現メンバーでの再レコーディングヴァージョンも収録した30周年記念盤。さらにNECROPHILEの楽曲として初めて作曲された”Ritual of Death”の1988年リハーサル音源と2021年レコーディングヴァージョンも収録。1991年と2021年の30年間を繋ぐデスメタル史に残る重要な1枚です。

1. Dissociated Modernity (2021 version)
2. Night of the Gloomy Narcissist (2021 version)
3. Ritual Of Death  (2021 version)
4. Dissociated Modernity (1991 version)
5. Night of the Gloomy Narcissist (1991 version)
6. Ritual Of Death (1988 rehearsal)