(ORCD 153) INVICTUS / The Catacombs of Fear (CD)



(ORCD 153) INVICTUS / The Catacombs of Fear (CD)
Release Date : 24th Jan 2020

New Wave of Old School Death Metal from Japan.
3 pieces Death Metal band from Nagano City, formed in 2015.
Metal-Trashing riff with shred guitar solo mixed tight Blast Beats. Technical yet keeping brutality with OSDM essence.
For MALEVOLENT CREATION, DEMOLITION HAMMER, SKELETAL REMAINS Fans!!
11 tracks CD 1st full album
Asian Version from Obliteration Records (Japan)
World wide from FDA Records (Germany)

INVICTUS
www.facebook.com/InvictusDeathMetal/

All Music and Lyrics Written by INVICTUS
Drums Recorded by studio lagoon
Mixed and Mastered by Takanori Kubo at Studio Chaosk inc
Cover Art by Juanjo Castellano Rosado
Logo by Christophe Szpajdel
Layout by Takehito Seki
Produced by Narutoshi Sekine (Obliteration Records) and INVICTUS

2015年に長野県で結成。スラッシュメタルから影響を受けた刻み度の高いリフワークとシュレッドギターソロ、切れの良いブラストで90年代のオールドスクール・デスメタルを現代に継承する日本では数少ない”New Wave of Old School Death Metal”バンド。 2016年には韓国のFECUNATIONとスプリットCDをリリースし韓国、タイ、中国ツアーも経験。国内外でも精力的にライブ活動も行なってきたINVICTUSが結成から5年目、満を持してのファーストフルアルバムをついにリリース。MALVOLENT CREATION、DEMOLITION HAMMER、SPAWN OF POSSESIONなどから影響を受けたリフワークとヴェリアスなデスヴォーカルスタイル。手数の多いリフと高い演奏力によるアンサンブルで3ピースながら厚み、深みのあるサウンドとスラッシュメタルとデスメタルを横断可能にするレンジの広い楽曲スタイルも魅力。ミックス・マスタリングに死んだ細胞の塊、BUTCHER ABCなども使用したStudio Chaosk。ロゴデザインはEMPERORなども手がけ日本でも個展を開催したメタルロゴの巨匠、Lord of the LogosことChristophe Szpajdel。アートワークはスペインのDan Seagraveと言われCOFFINS、VARATHRONなど数々のデスメタルバンドのジャケットを手がけるJuanjo Castellano Rosado。
ヨーロッパ盤はドイツのFDA Recordsからの同時リリースとなり長野から世界に向けてデスメタルを発信する有望な若手バンド!!