(ORCD 143) FECUNDATION / Morte Cerebral (CD)



(ORCD 143) FECUNDATION / Morte Cerebral (CD)
Release date Jan 18th 2019

Featuring Young But Super guitarist, Chuck Jenga (NAMM 2018 at Vola Guitar) is one of the best guitarist. FECUNDATION comes from Korea.
US Brutal Death Metal based Technical riffs and shreds solo.
5 songs of full of brutalities brow your brains out!!

2013年から活動する韓国産テクニカル・ブルータルデスメタル、FECUNDATION
USブルータルデスメタルの系譜を踏襲しながらもスーパーテクニカルリフ、速弾きソロを大胆にとりいれた楽曲でアジア以外でも高い評価を受ける。
またFECUNDATIONのメンバー、Chuck Jengaはアメリカで毎年開催されている世界最大規模の楽器ショー NAMM 2018のVola Guitarブースにてデモプレイの経験もありギターリストとしても活躍。
これまでベースレスの2人組で活動していたが2018年からベーシストとして日本のINFERNO HADESのメンバー、Kei Sunanoが加入しての初レコーディング音源。
テクニカル・ブルータルにさらに磨きのかかった5曲を収録。
2019年12月には来日ツアーを予定。



(ORCD 142) DIARRHEA / Anal Torture Grind (CD)



(ORCD 142) DIARRHEA / Anal Torture Grind (CD)
Release Date 21st Dec 2018

DIARRHEA formed by Sawada who early member of VOMIT REMNANTS (on demo) / former member of RITUAL CARNAGE and Nomoto who former member of SAPROGENIC ENTRAILS (including original member of INTESTINE BAALISM)
Their Debut EPCD. 8 songs of Filthy Raw Grind Core!! 

RITUAL CARNAGEのオリジナルメンバーで日本が世界に誇るブルータルデスメタル、VOMIT REMNANTSの初期デモ2本でのメンバーだった澤田とINTESTINE BAALISMの初期メンバーで現在活動中のMYOCARDIAL INFARCTIONのドラマー、宮田氏と90年代にSAPROGENIC ENTRAILSを結成していた野本が21世紀以降に結成したグラインドコアバンド。
元祖グラインドコア、REPULSIONのようなRawで野蛮なサウンドをベースにBLOOD DUSTERのデモ音源時代や初期のCARCASSなど後期80~初期90年代のデスメタル、グラインドコアがまとっていたアンダーグラウンドの腐臭をプンプンと臭わせるお下劣下痢便なグラインドサウンド。8曲入りデヴューミニアルバム。
日本で初めてアメリカのMorrisoundで録音した経緯や90年初期のデスメタルシーンなどについてメンバーが語ったライナー付き



(ORCD 141) ASAKUSA DEATHFEST 2018 (CD)

1. CONVULSE - Incantation Of Restoration 03:46
2. MEAT SPREADER - Uterine Derangment 01:36
3. UNHOLY GRAVE - Human Mummification 01:16
4. DRAWN AND QUARTERED - Mutilated Offerings 03:28
5. INTESTINE BAALISM - A Curse of Baal 03:26
6. ABIGAIL - No Pain! No Limit! 03:01
7. KUTABARE - Cannibalistic Hobo 03:52
8. INHUMATE - The Traveller 02:08
9. GUTTED - False Hapiness 04:17
10. PETRIFICATION - Summon Horrendous Destruction 03:01
11. NECROPHILE - Forgotten Worship 03:29
12. BULLETBELT - Cloak the Night 04:55
13. DISKORD - Entropic Death 03:31
14. TEETHGRINDER - The Pain Exceeds The Fear 03:44
15. GALVANIZER - Enjoyment of Annihilation 02:30
16. DEAD ROOT - Dolphin Stabber 03:12
17. CRASH SYNDROM - Glands [Tonsils Necklace Version] 00:49
18. THE MEN'S TOILET - Hallucinatory Necroses of Psychotropic Lucidity 03:29
19. GATE - Megumarenai Yumi 00:36
20. GORE INFAMOUS - Bacterium Cerebrum Imfectus 03:45
21. SHINDA SAIBO NO KATAMARI - Futanari (live at GIGS, Tsurumi 2018) 03:30
22. FUNERAL MOTH - Transience 21:59 (Bandcamp only)

(ORCD 140) KUTABARE / DEAD ROOT / Split (Papersleeve gatefold CD)



(ORCD 140) KUTABARE / DEAD ROOT / Split (Paper sleeve gatefold CD)

Release date 2nd Nov 2018
First release at Asakusa Deathfest 2018

Totally 7 songs including NAPALM DEATH covers taken from Jason of BLOOD DUSTER recorded "Goatsound Napalm Death “Scum” Reinterpretation" Album

両バンドともに浅草デスフェスト2018に出演するオーストラリア産グラインド・コア。
KUTABAREはカルトグラインド、UNDINISMのメンバーと元祖ベスチャルブラックメタルバンド BESTIAL WARLUSTのメンバーが結成。
2003年にアメリカのゴアレーベル、Razorbackからファーストアルバムをリリース。
2004年に解散するも2016年には日本のCSSOともスプリットをリリースするFILTHのMike FBが加入して再結成。グラインドコアのベテランによる重心の低いサウンド!!

DEAD ROOTは若手グラインダー二人組。2017年のOBSCENE EXTREMEにも出演。
2018年には元LAST DAYS OF HUMANITYのメンバーがベーシストとして加入。3人での初録音音源を収録。
CD盤のみボーナスで”Goatsound’s Napalm Death “Scum” Reinterpretation”からNAPALM DEATHのカバーも収録。
レコーディングはBLOOD DUSTERのJasonが運営するGoatsoundにて。

(ORCD 139) GATE / Resurrection of Relentless God (CD)



(ORCD 139) GATE / Resurrection of Relentless God (CD)
Release date : 27th Oct 2018

Formed in 1999 as a 3-piece Grindcore band, GATE finally 1st full album out
Unleashed emotionless and relentless blast beats with cold hateful vomited vocals over razor sharp riffage.
With a lineup change in 2015, Murata from Cyber-Grindcore band DEATHCOUNT and Ishiguro who plays in many extreme metal bands both joined the GATE.
22 brand new Razor edge Grind tunes, including Japanese Grind legend 324 cover on CD version only!!
12” out from RSR (Germany)

1999年の結成からメロディや感情的なものを排除し残虐で冷たいリフとブラストビートを基軸とした無慈悲なグラインドコアを追求してきたGATE。
これまでにいくつかの7インチ、カセット音源、スプリットCDをリリース。2015年にデジタルグラインドコアバンド、DEATHCOUNTの村田がボーカル、ドラムには数々のバンドでの活動経験があるベテラン、石黒が加入して初のフルアルバム。
これまで以上にブルータルで無慈悲なグラインドコア、22曲を収録。
アナログはドイツのRSRから、CD盤のみ国産グラインドコアレジェンド、324のカバーを収録。

(ORCD 138) CRASH SYNDROM / Anatomical Amusements (CD)



(ORCD 138) CRASH SYNDROM / Anatomical Amusements (CD)
Release date : 25th Oct 2018

Following up their full-length debut, released by Obliteration Records in the beginning of 2018, Japanese goregrinders Crash Syndrom are disgorging new EP, introducing new bassist Tomo with freshly baked tracks of old school pathological gore. Containing Dead Infection classic cover as well as new tunes, band also re-recorded some old tracks, naturally unfolding their carcassy sound.
If you're hungry for a good old gory chunks in vein of early CARCASS, GENERAL SURGERY and DEAD INFECTION, this short snack will come in just perfectly fine!
Featuring sick six new recording trax on 12cm CD!! 

Obliteration Recordsからリリースされたファーストアルバムが好評のウクライナ人 / 日本人のメンバーによるゴアグラインドバンド、CRASH SYNDROM。
CARCASS, DEAD INFECTION, PATHOLOGIST, GENERAL SURGERYなどから影響を受けたパソロジカル・アナトミカルなゴアグラインド。
2018年に新メンバーの女性ベーシスト、Tomoが加入しての初録音音源。
今作もファーストアルバムの延長線上にあるゴーリーでグラインディングな楽曲を披露。
ポーランドカルトゴア、DEAD INFECTIONのカバーも収録した6曲入りミニアルバム。

(ORCS 137) CRASH SYNDROM / Anatomical Amusements (Tape)



(ORCS 137) CRASH SYNDROM / Anatomical Amusements (Tape)
試聴・購入→ http://obliteration.shop-pro.jp/?pid=134460398

Release date : 8th September 2018

Following up their full-length debut, released by Obliteration Records in the beginning of 2018, Japanese goregrinders Crash Syndrom are disgorging new EP, introducing new bassist Tomo with freshly baked tracks of old school pathological gore. Containing Dead Infection classic cover as well as new tunes, band also re-recorded some old tracks, naturally unfolding their carcassy sound.
If you're hungry for a good old gory chunks in vein of early CARCASS, GENERAL SURGERY and DEAD INFECTION, this short snack will come in just perfectly fine!
Featuring sick six new recording trax in Limited Cassette tape version.

Obliteration Recordsからリリースされたファーストアルバムが好評のウクライナ人 / 日本人のメンバーによるゴアグラインドバンド、CRASH SYNDROM。
CARCASS, DEAD INFECTION, PATHOLOGIST, GENERAL SURGERYなどから影響を受けたパソロジカル・アナトミカルなゴアグラインド。
2018年に新メンバーの女性ベーシスト、Tomoが加入しての初録音音源。
今作もファーストアルバムの延長線上にあるゴーリーでグラインディングな楽曲を披露。
ポーランドカルトゴア、DEAD INFECTIONのカバーも収録した6曲入りミニアルバム。
CD盤より先行発売となる限定カセットテープヴァージョン。



(ORCD 136) ANATOMIA / CRYPTIC BROOD / Infectious Decay (CD)



(ORCD 136) ANATOMIA / CRYPTIC BROOD / Infectious Decay (CD)
購入→ http://obliteration.shop-pro.jp/?pid=134725923

Release date : 29th Sep (Europe) / 13th Oct (Japan)

Doomer than Doom Metal!! Death than Death Metal!!
Japanese Extremely Rotting Death Metal, ANATOMIA vs German Stench Corpse Death Metal, CRYPTIC BROOD.
Brand new 1 songs each band.
First sale at their European tour 2018.

後期80s~初期90年に活動した国産デスメタル、TRANSGRESSORでNECROPHILEのメンバーでもあるTakashiと同じく初期90年に活動した国産デスメタル、SADONDETHのTonosakiが2002年に結成したデスメタルバンド、ANATOMIA。
これまでに3枚のフルアルバム、数々のスプリット音源をリリース。セカンド、サードアルバムはアメリカのカルトレーベル、Nuclear War Now!から発表。
ドゥームメタルよりも遅く重いデスメタルパート、地獄の底から聞こえる苦悶のようなヴォーカル、チューニングダウンしたドロドロ、ずるずるのギターリフ。腐臭ただよう楽曲で日本国内よりも欧米のデスメタルシーンにて知名度、人気が非常に高いバンド。

CRYPTIC BROODは2013年に結成したドイツの若手デスメタルバンド。
2017年にファーストフルアルバムをスペインのXrreemからリリース。AUTOPSYをはじめ90年初期のデスメタル、ドゥーム・デスから多大な影響を受けた腐臭ただよう楽曲。ヨーロッパを中心に精力的にライブ活動も行い、2017年には日本の浅草デスフェストにも出演。

本作は2018年9月29日からスタートするANATOMIA / CRYPTIC BROODのヨーロッパツアーに合わせてリリースされたスプリット音源。各バンド、新曲1曲づつを収録。


(ORCD 135) WHORESNATION / Mephitism (CD)



(ORCD 135) WHORESNATION / Mephitism (CD)
Release date : 29th June (Japan)

"Since the release of their debut album six years ago, grindcore unit WHORESNATION has established themselves as a household name in the european scene, playing more than 300 shows all over the world and releasing a string of shorter formats. Formed in 2009 in Besançon, eastern France, the now-three piece returns with their relentless second full-length "Mephitism", recorded by Steph Lawansch then mixed and mastered by William Blackmon (Gadget, Victims, Lack…). 

With their technical yet-always crushing riffing, blast-beats galore and brutal, guttural barks, the band's no-frills, savage grindcore always finds the perfect balance between death metal precision and punk urgency. "Mephitism" strengthen the band's supremacy in twenty tracks delivered in barely more than 20 minutes, never easing the pressure despite the avalanche of tight-as-hell brutality."

2009年の結成からすでに300以上のライブをこなすフランスの3人組グラインドコアバンド。
デスメタルとグラインドコアの中間をいくヴォーカルスタイルと破壊的なリフワーク、さらにハイパーファストなブラストで20曲20分という数字からもスピード感が伝わってくる激速アルバム!
2012年リリースのファーストフルアルバムから6年ぶりとなるセカンドアルバム。
2018年7月5日、Duesでの新宿エクストリームを皮切りに全国12ヵ所のジャパンツアーを予定。

(ORCD 134) VISCERA INFEST / Live at Asakusa Deathfest 2017 (CD)



(ORCD 134) VISCERA INFEST / Live at Asakusa Deathfest 2017 (CD)

More info Coming Soon!