(OR 161) FESTERDECAY / CRASH SYNDROM / Encyclopedia of Putrefactive Anomalies (Split CD / TAPE)



(OR 161) FESTERDECAY / CRASH SYNDROM / Encyclopedia of Putrefactive Anomalies (Split CD / TAPE)
Release date : 4th September 2020

Split between two Japanese gory grinding acts out on Obliteration Records!
FESTERDECAY, Fukuoka based CARCASS early style orientated putrid gory act, proudly presents their newest material, written in the best canons of good old days grind. This is their first debut release under the wing of label, and you can taste all the pus, accumulated for the years of activity, has thick and rancid palette of flavors.
With raw yet clear as pathologist's report sound, they present 5 tracks, filled with gorgeous riffs, blasting drums and filthy as suppurative wound vocals. 
Tokyo based CRASH SYNDROM closing this split, yet another time presenting a new appearance for what medical grind is. Heavily influenced by CARCASS’es "Necroticism...", they regurgitate 3 tracks of grinding death metal with touches of progressive composition freedom. "More CARCASS than CARCASS themselves nowadays!" is the first reaction we hear. This is their most mature and deep work so far, both content wise and sound production wise, with surrealistic medical lyrics and cold atmosphere of cooling down, shifting in tension cadaver...
Encyclopedia Of Putrefactive Anomalies, clocking in more than 20 minutes total,  is a guide for old school grind,processed through the perception of younger generation musicians.  Absoulte must for lovers of Haemorrhage, General Surgery, Carcass, Pathologist and so on...  They keep the old vibe alive!

福岡を拠点に活動するゴアグラインドバンド、FESTERDECAYと東京をベースに活動するゴアグラインド、CRASH SYNDROMによるゴアグラインド頂上決戦スプリット!! 
FESTERDECAYは初期CARCASSから影響を受けたパソロジカルで死臭漂うステンチ・ゴアグラインド、5曲を収録。CRASH SYNDROMは中期CARCASSのメロディを取り入れた、後にゴアメタルとカテゴライズされるスタイルを踏襲した楽曲で自ら「CARCASSよりもCARCASS」と言わしめた3曲を収録。
CARCASSファンはもちろんGENERAL SURGERY、HAEMORRHAGE、PATHOLOGISTなどのCARCASS直系ゴアファンからグラインドコア、デスメタルファンにもオススメの1枚!

(ORCD 160) SHINDA SAIBO NO KATAMARI / Saibogu (2nd Press) (CD)



(ORCD 160) SHINDA SAIBO NO KATAMARI / Saibogu (2nd Press) (CD)
Release date : 7th July 2020

One of the brutalest Death Metal band from Japan.
2nd press version featured new Vocalist Haruka (SECOND RESSURECTION / ex GOREVENT / TRAUMATOMY), All re-recorded vocal part and re-mix / re-mastered at Insidious Soundlab (Indonesia).

2019年6月6日にファーストアルバムを発表し日本だけでなく国際的に高い評価を受けたブルータル・デスメタルバンド、死んだ細胞の塊。
アルバム発売後にアジアツアーを敢行しタイではCRYPTOPSYのオープニングアクトを努めるなどさらなる活躍が期待された中、セイヤ (ヴォーカル)が脱退。すぐに後任のヴォーカリストとして数々のバンド活動経験があるハルカ (SECOND RESSURECTION / ex GOREVENT / TRAUMATOMY)が加入。本作はヴォーカルパートすべてを再録しインドネシアのブルータル・デスメタル、PERVERTED DEXTERITYのメンバー、Ryoの運営するInsidious Soundlabにてリ・ミキシング / リ・マスタリングされたセカンドプレスヴァージョン。ファーストプレス (1000枚)は発売から1年経過しないうちに完売。セカンドプレスではさらにダイナミックになったサウンドとハルカのディープなガテラルヴォーカルで新たな「死んだ細胞の塊」を魅せてくれる。


(ORCD 159) KANDARIVAS / BUTCHER ABC / Blast Up Your Ass (CD)



(ORCD 159) KANDARIVAS / BUTCHER ABC / Blast Up Your Ass (CD)
Release Date : 26th June 2020

Experimental Tribal Grind, KANDARIVAS. 5 Studio recording songs.
Corpse meat mongers, BUTCHER ABC. 4 unrelased pre-production demo trax recorded in 2014.

コロナ禍でライブ活動ができないフラストレーションを放出するために急遽リリースとなった国産グラインド・コア 2バンドによるスプリット音源。
KANDARIVASは和太鼓を取り入れたエクスペリメンタル・トライバル・グラインド。2020年5月録音の新曲とインドネシアでレコーディングされた曲のリ・ミキシングなど5曲を収録。
BUTCHER ABCは2014年にメンバー用に録音された未発表デモトラック4曲を収録。アルバムとはまた違ったデモらしいラフな仕上り。
METALLICAのお蔵入りファースト・アルバムジャケをリップオフ・オマージュしたアートワーク。

(ORCD 158) DIE CHOKING / IV (CD)



(ORCD 158) DIE CHOKING / IV (CD)
Release date : 29th May 2020

Paul J. Herzog (ex TOTAL FUCKING DESTRUCTION). Chaotic Grind Core, post-Discordance Axis, Brutal Truth. 13 songs. CD version limited in 800. 

BRUTAL TRUTHのドラマー、Rich Hoakが在籍するTOTAL FUCKING DESTRUCTIONのメンバーだったPaul J. Herzogが結成したグラインド・コア。2014年に2枚のEP音源をリリース、2015年にはポーランドのSELFMADEGODから11曲EP音源を、そして4作目となる本作、フルアルバム、”IV”を2019年にリリース。DISCORDANCE AXIS以降のテクニカルで複雑な構成によるソングストラクチャーをさらに推し進めたDIE CHOKINGならではグラインド・コアが炸裂。これまで12インチアナログとデジタルのみのリリースだったがObliteration RecordsからCD化。

(ORCD 157) BUTCHER ABC / KANDARIVAS / Live at Shinjuku Extreme (CD)



(ORCD 157) BUTCHER ABC / KANDARIVAS / Live at Shinjuku Extreme (Gatefold paper sleeve CD)
Release date : 12th June 2020

Raw as fuck, Fuck as Grind.
Both Japanese bands played long-set, over 30 min, totally 67 min.

BUTCHER ABCによる毎年2月9日、新宿DUESにて開催される肉の日2マン。2019年は死んだ細胞の塊、2020年はKANDARIVASと対決。その対決ライブを収録したライブアルバム。
両バンド共、ロングセット30分超え。和太鼓とドラムのダブルブラストが壮絶なKANDARIVAS。BUTCHER ABCは韓国のFECUNDATIONのメンバーで凄腕ギタリスト、Jongが加入しての4人編成。ライブ音源ならではの臨場感と生々しさが67分間にみっちりと収録。
マスタリングにエクストリーム系の音源を多数手がけるスタジオChaosK。見開き紙ジャケット仕様。 

(ORCD 156) INSTANT / Wounded & Deserted (CD)



(ORCD 156) INSTANT / Wounded & Deserted (CD)
Release date : 17th April 2020

Three-piece Power Violence / Death Metal band from the City of Vaasa, Finland.
Founded originally in 2015 by the drummer Juuso Suomela and bassist Ilmari Moisio. Instant has impressed its listeners with its aggressive music, its ferocious stage prescence and the fact that its band members are extremely young, with its drummer being only 12 at the time Instant was formed.Since guitarist Niko Kojonen joined the band in 2016, Instant has played more gigs than ever before and continues to improve itself in various ways. Prior to their newest album, "Wounded & Deserted", Instant has released one other full-length album, "Decimation", which was released in 2016. Instant's music is influenced by bands like Weekend Nachos and Magrudergrind and it's lyrical themes contain themes like depression, psychological torment and social alienation. 

2015年、フィンランドのヴァーサで結成の3人組。パワーヴァイオレンスとデスメタルから影響を受けたという楽曲はようするにグラインド・コア! HM-2によるノイジーなバズソウギターとアグレッシブなブラストビートによる破壊的なサウンド。スウェディッシュデスメタルを彷彿とさせるリフも盛り込んだグラインド・コア、7曲を収録したミニアルバム。GALVANIZER、WORMROT、MORTIFY、ROTTEN SOUNDなどHM-2でブラスティングなサウンドが大好きなデス・グラインドファンに!!

INSTANT
https://www.facebook.com/InstantFinland/

(ORCD 155) LEPROPHILIAC / Caskets of Flesh (CD)



(ORCD 155) LEPROPHILIAC / Caskets of Flesh (CD)
Release date : 16th April 2020

Spanish Death Grind veteran Dopi’s New - Old School Death Metal band.
Totally worshiping CELTIC FROST and AUTOPSY!! Highly recommend for COFFINS, ANATOMIA, CIANIDE, WINTER, DERKETA fans and of corpse CELTIC FROST, AUTOPSY Fans!! 4 demo trax on CD format.  Asian Edition. Limited 600.

90年代中期にMACHEAZOを結成しDISHAMMER、BODYBAGなどでも活動してきたスペイン・グラインドコア / デスメタルシーンの重要人物、Dopiが2018年に結成したオールドスクール・デスメタルバンド。CELTIC FROSTを下敷きとしたリフワークとAUTOPSYのような腐臭漂うデスメタルパートを融合させたサウンド。CELTIC FROST、AUTOPSYファンはもちろんCOFFINS、ANATOMIA、CIANIDE、WINTER、DERKETAなど鈍重なビートによるステンチ・デスメタルファンにおすすめ!! CELTIC FROSTのカバーを含む4曲入りデモ音源のCD化、アジア流通盤・限定600枚。

1. The Autophagous 
2. Mummification  
3. Destined to Ritualistic Sacrifice 
4. Circle of the Tyrants (Celtic Frost cover)


(ORCD 154) WOJCZECH / COMPLETED EXPOSITION / Split (CD)



(ORCD 154) WOJCZECH / COMPLETED EXPOSITION / Split (CD)
Release Date : 1st April 2020

9 fresh and sonically exploding tracks of osakas long running power violence unit completed exposition. think neanderthal meet spazz the japanese way! Fastcore! Stop‘n Go! You'll get 5 new bangers from german blast beat fanatics wojczech on here as well. including an sob cover ("nightmare") specially recorded for this release. for the sake of blast beat its all in there: old school grind's riffage overdose, frantic thrash and filthy beatdowns. 300 copies on vinyl got released on german RSR records supporting a very successive european tour in fall 2019. this release will be a 500 copies cd edition supporting wojczech japanese tour spring 2020. the cd version contains 10 bonustracks from wojczech. this is their „grinding the ruins“ live lp from 2009 first time available on digital format. total grinding overdose!

グラインドコア・パワーヴァイオレンスシーンで数々の音源をリリースしてきたドイツのWOJCZECH。ジャーマングラインドコア、ENTRAILS MASSACREのダニーロ (ヴォーカル)とドゥームバンド、CONFUSION MASTERのステファン (ギター)がメンバーとして在籍。WOJCZECHらしい一癖あるリフと直線的なブラストを組み合わせたパワー・グラインドソング。SxOxBのカバーも収録の5曲。
スプリットパートナーは大阪で活動するパワーヴァイオレンス、COMPLETED EXPOSITION。ストップ&ゴーで大暴走の11曲。
2019年9月にこの2バンドにてヨーロッパツアーを敢行した盟友によるスプリット作品でオリジナルはアナログ12インチで限定300枚でリリース。WOJCZECH、2度目のジャパンツアーに合わせてのリリースされる限定500枚のCDヴァージョン。CDのみ2009年発表のライブ・アルバム LP、”WOJCZECH - Grinding the Ruins”も追加収録。
今回は4月18日から福岡を初日に最終日の浅草まで全国9箇所をツアー。全グラインドコア / ファスト / パワーヴァイオレンスファンに捧げる1枚! 全26曲収録。

(ORCD 153) INVICTUS / The Catacombs of Fear (CD)



(ORCD 153) INVICTUS / The Catacombs of Fear (CD)
Release Date : 24th Jan 2020

New Wave of Old School Death Metal from Japan.
3 pieces Death Metal band from Nagano City, formed in 2015.
Metal-Thrashing riffs with shred guitar solo mixed tight Blast Beats. Technical yet keeping brutality with OSDM essence.
For MALEVOLENT CREATION, DEMOLITION HAMMER, SKELETAL REMAINS Fans!!
11 tracks CD 1st full album
Asian Version from Obliteration Records (Japan)
World wide from FDA Records (Germany)

INVICTUS
www.facebook.com/InvictusDeathMetal/

All Music and Lyrics Written by INVICTUS
Drums Recorded by studio lagoon
Mixed and Mastered by Takanori Kubo at Studio Chaosk inc
Cover Art by Juanjo Castellano Rosado
Logo by Christophe Szpajdel
Layout by Takehito Seki
Produced by Narutoshi Sekine (Obliteration Records) and INVICTUS

2015年に長野県で結成。スラッシュメタルから影響を受けた刻み度の高いリフワークとシュレッドギターソロ、切れの良いブラストで90年代のオールドスクール・デスメタルを現代に継承する日本では数少ない”New Wave of Old School Death Metal”バンド。 2016年には韓国のFECUNATIONとスプリットCDをリリースし韓国、タイ、中国ツアーも経験。国内外でも精力的にライブ活動も行なってきたINVICTUSが結成から5年目、満を持してのファーストフルアルバムをついにリリース。MALVOLENT CREATION、DEMOLITION HAMMER、SPAWN OF POSSESIONなどから影響を受けたリフワークとヴェリアスなデスヴォーカルスタイル。手数の多いリフと高い演奏力によるアンサンブルで3ピースながら厚み、深みのあるサウンドとスラッシュメタルとデスメタルを横断可能にするレンジの広い楽曲スタイルも魅力。ミックス・マスタリングに死んだ細胞の塊、BUTCHER ABCなども使用したStudio Chaosk。ロゴデザインはEMPERORなども手がけ日本でも個展を開催したメタルロゴの巨匠、Lord of the LogosことChristophe Szpajdel。アートワークはスペインのDan Seagraveと言われCOFFINS、VARATHRONなど数々のデスメタルバンドのジャケットを手がけるJuanjo Castellano Rosado。
ヨーロッパ盤はドイツのFDA Recordsからの同時リリースとなり長野から世界に向けてデスメタルを発信する有望な若手バンド!!

(ORCD 152) MOLESTED HATE / Shotgun Massacre (Papersleeve CD)



(ORCD 152) MOLESTED HATE / Shotgun Massacre (Papersleeve CD)
Release date : 29th November 2019

Obscure Brutal Grind Core band from Okayama, Japan.
Formed in 2018. Consists member of super famous Brutal Death Metal band's drummer and their local Hard Core and Doom band.
Featuring guest musicians ; Wolf Monzqueda of ex THANATOLOGY / UNIDAD TRAUMA, Rogier Kuzee of DISUSE / LAST DAYS OF HUMANITY.
3 songs debut EPCD. Limited 500.

2018年9月岡山にて某ベテランバンドで活動する4人によりサタニックデスメタルバンド PROFANATIONとして結成。その後、グラインドコアへ転身するとともにメンバーの素性も隠した覆面バンドとしてMOLESTED HATEと改名。
憎しみをテーマに”Hyper Grinding Brutality”を追求したサウンドを展開。2019年10月に本作デビューシングルCDとなる3曲を録音しObliteration Recordsから限定500枚でリリース。
ゲストミュージシャンにex THANATOLOGY / UNIDAD TRAUMAのWolf Monzqueda、DISUSE / LAST DAYS OF HUMANITYのRogier Kuzeeが参加。今後の活動が期待されるバンド!!