(ORCD 165) PESTILENGTH / REVERENCE TO PAROXYSM / Congruence of the Ends (CD)


(ORCD 165) PESTILENGTH / REVERENCE TO PAROXYSM / Congruence of the Ends (CD)
Release Date : 25th Dec 2020

2018年、スペインのPESTILENGTH。バスク出身というだけで素性が不明の二人組によるアンビエンントブラック・デス・ドゥームメタル。2019年にIron Boneheadからカセットデモをリリース以外はデジタル配信を中心に作品を発表。静謐な音像と暗黒的なノイズと破壊的衝動を巧みに融合させたサウンド。2曲を収録。
スプリットのもう1つのバンド、REVERENCE TO PAROXYSMはメキシコのカルトデスメタルバンド、CENOTAPHのドラマー、Oscarとゴアグラインドファンなら誰もが知るメキシコ・ゴアグラインドの頂点、DISGORGEの元メンバー、Antimo。そしてHACAVITS / PROFANATORのCesarが結成したブラッケンド・ドゥームド・デスメタルバンド。初レコーディングでデビュー音源となる1曲10分の大作を収録。
両バンドともに世紀末の到来を彷彿とさせる暗黒のサウンドスケープ。

(ORCD 164) DEATHTOPIA / Beyond the Death (CD)

(ORCD 164) DEATHTOPIA / Beyond the Death (CD)
Release Date: 24th Dec 2020

2010年にMuneを中心に大阪で結成。2枚のフルアルバムをリリースしたのち、イタリアのFUNERAL RAPE / ex BOWEL STWEで活動するMarcoが加入。チェコ オブシーンエクストリーム、ドイツ NRW Deathfest、浅草デスフェストなどにも出演し国際的に活動。2018年にはドイツのSplatter Zombie Recordsから7曲収録のEP音源、”Remember the Pain” (アジア盤はObliterationから)を発表。CARCASSの遺伝子を引き継いだEXHUMED、IMPALEDなどと同じ遺伝子を持つゴアメタルなサウンドをプレイ。本作は新たなセッションメンバーとしてJulian Dietrich (ドラム)、Rithiya Khiev (ギター)を迎えて制作。これまでの作品からさらにメタリックなリフとギターソロ、そしてデスメタルの神、DEATHからの影響も伺えるリフなど楽曲の幅がより広がったサード・アルバム。

(COVID19-01/02) ASAKUSA DEATHFEST / Fuck the COVID-19 Benefit Comp (2CD)


(COVID19-01/02) ASAKUSA DEATHFEST / Fuck the COVID-19 Benefit Comp (2CD)
Release Date : Nov 2020

Benefit Compilation. Donate for Japanese Local venues. 

東京・浅草で開催されるインターナショナル・デスメタルファスティバル、浅草デスフェスト。
5回目となる2020年は新型コロナのために延期。現在も以前のようにライブ再開がまだできないため、これまでの浅草デスフェストに出演したバンドや2020年に出演予定のバンドを中心に協力を得てライブハウス支援として制作されたベネフィットコンプアルバム。Asakusa Deathfestでのライブ音源を中心に未発表音源や既発曲など全37曲収録。
※ 売上の一部はAsakusa Deathfestの会場やいくつかのライブハウスに寄付されます。

= Disk 1 =
- Live at Asakusa Deathfest -
01. PESTILENCE (Holland) - Dehydrated 
02. SABBAT (Japan) - Hellfire
03. NECROPHILE (Japan) - Racing Time
04. DARK HORSE (Australia) - Welcome To Your Homicide
05. DISKORD (Norway) - Lethargic Regression

- Live at Somewhere -
06. CARNATION (Belgium) - Necromancer (Live at Hellgium 2020)

- Studio Recordings -
07. NECROT (USA) - Into the Labyrinth (2020 Version)
08. COFFINS (Japan) - Evil Infection '19
09. SQUASH BOWLES (Poland) - A Suspect
10. MEAT SPREADER (Poland) - Sound Of Knife Entering Flesh / Regurgitated Rancid Amniotic Fluid
11. BULLETBELT (New Zealand) - Warlord
12. FECUNDATION (Korea / Japan) - Depravity and Abuse
13. INSINNERATOR (USA) - Pentagram
14. INVICTUS (Japan) - Diabolic Intent
15. MYOCARDIAL INFARCTION (Japan) - Believing
16. STRANGULATION (Japan) - Surrogate Victimization
17. MORTIFY (Japan) - Musty Trudge

- Guest band -
18. ULCEROT (Denmark / USA) - Ashes in Excrement

= Disk 2 =
- Live at Asakusa Deathfest -
01. CONVULSE (Finland) - Introduction ~ World Without God / Putrid Intercourse
02. CRYPTIC BROOD (Germany) - Slurping Reeking Slime
03. VISCERA INFEST (Japan) - Paracoccidioidomicosisproctitissarcomucosis
04. INTESTINE BAALISM (Japan) - A Curse of Baal
05. MORTIFY (Japan) - Rigor Mortis Teens

- Live at Somewhere -
05. WORMRIDDEN (Denmark / Japan) - Reduced To Slime (Live at Kill-Town Death Fest 2018)

- Studio Recordings -
06. ANATOMIA (Japan) - Carnal Mutilation  (2020 Version)
07. UNDERGANG (Denmark) - Blodhøst
08. DEADSQUAD (Indonesia) - Anatomi Dosa 2.0
09. PETRIFICATION (USA) - The Headless One
10. DEATHTOPIA (International) - Overgore Treatment
11. NOXA (Indonesia) - War Troopers
12. KANDARIVAS (Japan) - G.S.A (Grind Surgical Attitude)
13. DYGORA (UK) - Ghetto Spiritual
14. GUTTED (Hungary) - False Happiness
15. CRASH SYNDROM (Japan) - Defecating Rotten Brain
16. LORD PIGGY  (Mexico) - Noizillia
17. 100 YEARS WAR (Australia) - Sacrifice
18. PARASITARIO (Japan) - Tsukiyono

- Guest band -
19. MURIO EN EL CAOS (Mexico) - Revolution by The Bollocks

 

(ORCD 163) SABBAT / Live at Asakusa Deathfest 2017 (CD)


(ORCD 163) SABBAT / Live at Asakusa Deathfest 2017 (CD)
Release Date : November 2020
Limited 777

01. Curdle The Blood
02. Crest Of Satan
03. Witchhammer
04. Kanashibari
05. Hellfire
06. Brother Of Demons
07. Mion’s Hill
08. Darkness And Evil

東京・浅草で開催されたインターナショナル・デスメタルファスティバル、Asakusa Deathfestの2017年にヘッドライナーとして出演した日本が世界に誇るブラックメタルバンド、SABBAT。
1984年に結成し、世界でカルトな人気を誇るSABBATがこのライブでは初期メンバーを迎えてのツインギター編成と往年の名曲によるセットリストで浅草を大炎上させた。そのライブをデジタルマルチトラックレコーディングで録音しアメリカのBrainsplitter スタジオにてミックス・マスタリング。オリジナルリリースは国産カルトレーベル、HMSSから超限定アナログで発売されたレコードからわざわざ盤起こししたこだわりのライブアルバム。全8曲収録、限定777枚。


(ORCD 162) SELF DECONSTRUCTION / BUTCHER ABC / Live at Obscene Extreme Aftershow 2018 (Gatefold paper sleeve CD)



(ORCD 162) SELF DECONSTRUCTION / BUTCHER ABC / Live at Obscene Extreme Aftershow 2018 (Gatefold paper sleeve CD)
Release Date : 9th Oct 2020

Both Japanese Grinding Destroyers. Live recording at Obscene Extreme Aftershow 2018.
Totally 37 songs in 45 min. Rough sound but Grind as Fuck!!
Limited 700 copies / Gatefold Paper Sleeve Cover

(OR 161) FESTERDECAY / CRASH SYNDROM / Encyclopedia of Putrefactive Anomalies (Split CD / TAPE)



(OR 161) FESTERDECAY / CRASH SYNDROM / Encyclopedia of Putrefactive Anomalies (Split CD / TAPE)
Release date : 4th September 2020

Split between two Japanese gory grinding acts out on Obliteration Records!
FESTERDECAY, Fukuoka based CARCASS early style orientated putrid gory act, proudly presents their newest material, written in the best canons of good old days grind. This is their first debut release under the wing of label, and you can taste all the pus, accumulated for the years of activity, has thick and rancid palette of flavors.
With raw yet clear as pathologist's report sound, they present 5 tracks, filled with gorgeous riffs, blasting drums and filthy as suppurative wound vocals. 
Tokyo based CRASH SYNDROM closing this split, yet another time presenting a new appearance for what medical grind is. Heavily influenced by CARCASS’es "Necroticism...", they regurgitate 3 tracks of grinding death metal with touches of progressive composition freedom. "More CARCASS than CARCASS themselves nowadays!" is the first reaction we hear. This is their most mature and deep work so far, both content wise and sound production wise, with surrealistic medical lyrics and cold atmosphere of cooling down, shifting in tension cadaver...
Encyclopedia Of Putrefactive Anomalies, clocking in more than 20 minutes total,  is a guide for old school grind,processed through the perception of younger generation musicians.  Absoulte must for lovers of Haemorrhage, General Surgery, Carcass, Pathologist and so on...  They keep the old vibe alive!

福岡を拠点に活動するゴアグラインドバンド、FESTERDECAYと東京をベースに活動するゴアグラインド、CRASH SYNDROMによるゴアグラインド頂上決戦スプリット!! 
FESTERDECAYは初期CARCASSから影響を受けたパソロジカルで死臭漂うステンチ・ゴアグラインド、5曲を収録。CRASH SYNDROMは中期CARCASSのメロディを取り入れた、後にゴアメタルとカテゴライズされるスタイルを踏襲した楽曲で自ら「CARCASSよりもCARCASS」と言わしめた3曲を収録。
CARCASSファンはもちろんGENERAL SURGERY、HAEMORRHAGE、PATHOLOGISTなどのCARCASS直系ゴアファンからグラインドコア、デスメタルファンにもオススメの1枚!

(ORCD 160) SHINDA SAIBO NO KATAMARI / Saibogu (2nd Press) (CD)



(ORCD 160) SHINDA SAIBO NO KATAMARI / Saibogu (2nd Press) (CD)
Release date : 7th July 2020

One of the brutalest Death Metal band from Japan.
2nd press version featured new Vocalist Haruka (SECOND RESSURECTION / ex GOREVENT / TRAUMATOMY), All re-recorded vocal part and re-mix / re-mastered at Insidious Soundlab (Indonesia).

2019年6月6日にファーストアルバムを発表し日本だけでなく国際的に高い評価を受けたブルータル・デスメタルバンド、死んだ細胞の塊。
アルバム発売後にアジアツアーを敢行しタイではCRYPTOPSYのオープニングアクトを努めるなどさらなる活躍が期待された中、セイヤ (ヴォーカル)が脱退。すぐに後任のヴォーカリストとして数々のバンド活動経験があるハルカ (SECOND RESSURECTION / ex GOREVENT / TRAUMATOMY)が加入。本作はヴォーカルパートすべてを再録しインドネシアのブルータル・デスメタル、PERVERTED DEXTERITYのメンバー、Ryoの運営するInsidious Soundlabにてリ・ミキシング / リ・マスタリングされたセカンドプレスヴァージョン。ファーストプレス (1000枚)は発売から1年経過しないうちに完売。セカンドプレスではさらにダイナミックになったサウンドとハルカのディープなガテラルヴォーカルで新たな「死んだ細胞の塊」を魅せてくれる。


(ORCD 159) KANDARIVAS / BUTCHER ABC / Blast Up Your Ass (CD)



(ORCD 159) KANDARIVAS / BUTCHER ABC / Blast Up Your Ass (CD)
Release Date : 26th June 2020

Experimental Tribal Grind, KANDARIVAS. 5 Studio recording songs.
Corpse meat mongers, BUTCHER ABC. 4 unrelased pre-production demo trax recorded in 2014.

コロナ禍でライブ活動ができないフラストレーションを放出するために急遽リリースとなった国産グラインド・コア 2バンドによるスプリット音源。
KANDARIVASは和太鼓を取り入れたエクスペリメンタル・トライバル・グラインド。2020年5月録音の新曲とインドネシアでレコーディングされた曲のリ・ミキシングなど5曲を収録。
BUTCHER ABCは2014年にメンバー用に録音された未発表デモトラック4曲を収録。アルバムとはまた違ったデモらしいラフな仕上り。
METALLICAのお蔵入りファースト・アルバムジャケをリップオフ・オマージュしたアートワーク。

(ORCD 158) DIE CHOKING / IV (CD)



(ORCD 158) DIE CHOKING / IV (CD)
Release date : 29th May 2020

Paul J. Herzog (ex TOTAL FUCKING DESTRUCTION). Chaotic Grind Core, post-Discordance Axis, Brutal Truth. 13 songs. CD version limited in 800. 

BRUTAL TRUTHのドラマー、Rich Hoakが在籍するTOTAL FUCKING DESTRUCTIONのメンバーだったPaul J. Herzogが結成したグラインド・コア。2014年に2枚のEP音源をリリース、2015年にはポーランドのSELFMADEGODから11曲EP音源を、そして4作目となる本作、フルアルバム、”IV”を2019年にリリース。DISCORDANCE AXIS以降のテクニカルで複雑な構成によるソングストラクチャーをさらに推し進めたDIE CHOKINGならではグラインド・コアが炸裂。これまで12インチアナログとデジタルのみのリリースだったがObliteration RecordsからCD化。

(ORCD 157) BUTCHER ABC / KANDARIVAS / Live at Shinjuku Extreme (CD)



(ORCD 157) BUTCHER ABC / KANDARIVAS / Live at Shinjuku Extreme (Gatefold paper sleeve CD)
Release date : 12th June 2020

Raw as fuck, Fuck as Grind.
Both Japanese bands played long-set, over 30 min, totally 67 min.

BUTCHER ABCによる毎年2月9日、新宿DUESにて開催される肉の日2マン。2019年は死んだ細胞の塊、2020年はKANDARIVASと対決。その対決ライブを収録したライブアルバム。
両バンド共、ロングセット30分超え。和太鼓とドラムのダブルブラストが壮絶なKANDARIVAS。BUTCHER ABCは韓国のFECUNDATIONのメンバーで凄腕ギタリスト、Jongが加入しての4人編成。ライブ音源ならではの臨場感と生々しさが67分間にみっちりと収録。
マスタリングにエクストリーム系の音源を多数手がけるスタジオChaosK。見開き紙ジャケット仕様。