(ORCD 151) KANDARIVAS / Grind Surgical Shrine (CD)



(ORCD 151) KANDARIVAS / Grind Surgical Shrine (CD)
Release Date : 11th Nov 2019

Japanese Experimental Grind Core with Japanese Wadaiko.
Brand new 9 songs.

東京神田生まれ、生粋の江戸っ子 Tomokiを中心に結成されたグラインドコアバンド、KANDARIVAS。
和太鼓を取り入れた実験的かつ独創的なダブルドラムによるビート、時にインダストリアルタッチな硬質なギターリフを刻みベースレスながら重厚なサウンドで和洋折衷ともいえる独自のKANDARIVASサウンドを構築。結成からライブ活動も頻繁に行ない、またインドネシアのDEADSQUADとも交流が深くインドネシアでも数多くのライブをこなしてきたKANDARIVASが満を持して解き放つ9曲入りミニアルバム。
録音・ミックスダウンはVoid)))lab、マスタリングにStudio ChosK。アートワークにTERRORIZER、NOCTURNUS、死んだ細胞の塊なども手がけたBvllmetal。
これまで主流となっていた欧米型のグラインドコアのストラクチャーに日本の文化と感性が融合し新たなグラインドコアの可能性を感じる作品がここに誕生。
発売日となる令和1年11月11日には外神田に位置するスタジオ音楽館にて入場料1円の1マンレコ発ライブも予定。





(ORCD 150) INVICTUS / At the Gate of Crypts (Papersleeve CD)



(ORCD 150)  INVICTUS / At the Gate of Crypts (Papersleeve CD)
Release date : 20th September 2019

New Wave of Old School Death Metal from Japan.
3 piece young Death Metal band from Nagano City, formed in 2015.
Metal-Trashing riff with shred guitar solo mixed tight Blast Beats. Technical yet keeping brutality with OSDM essence.
1st full album will be out end of this year!! Single CD.

長野で2015年から活動する3ピースデスメタルバンド。スラッシュメタルから影響を受けた刻み度の高いリフワークとシュレッドギターソロ、切れの良いブラストでテクニカルでありながらオールドスクールデスメタルの渋さを現代的にアレンジした日本では数少ないNew Wave of Old School Death Metalバンド。 
国内でのライブ活動はもちろん韓国、タイ・バンコクツアーも経験し国際的にも活動。
MALVOLENT CREATION、GORGUTS、DEMOLITION HAMMERや現行OSDMのSKELETAL REMAINS、MORFIN、OUTRE-TOMBEなどスラッシュメタル度の高いデスメタルが好きなファンには確実にヒットする期待の若手バンド!
2019年11月に発売予定のファーストフルアルバム ”The Catacombs of Fear”から先行シングルとなる新曲 “The Catacombs of Fear”にシングル限定のイントロを収録した2曲入りペーパースリーブCD。
初回400枚は10x6cmのパッチ付きヴァージョン

(ORCD 149) GOATBURNER / Extreme Conditions (CD)



(ORCD 149)  GOATBURNER / Extreme Conditions (CD)
Release date : 27th September 2019

Death Grind Sludge Power Violence duo from Helsinki, Finland
1st full album.
Asian version including 3 bonus trax taken from their Debut EP "Time to Burn"

KaosことKeijo Niinimaa (ROTTEN SOUND)がヴォーカル・ギター、SpiderことJaakko Forsman (SKULMAGOT)がドラムで2017年、ヘルシンキで結成。グラインドコア、オールドスクールデスメタルをベースにスラッジやパワーヴァイオレンスのエッセンスを融合させた楽曲。ROTTEN SOUNDファンはもちろんNOOTHGRUSH、DYSTOPIA、CROSSED OUTが好きなファンにもおすすめのヘヴィ・スラッジなグラインドサウンド。アートワークにWORMROTのArif。
Obliteration Recordsリリースによるアジア流通盤は2018年発表の4曲EPから3曲をボーナスで収録した全13曲ファーストフルアルバム





(ORCD 148) ABORT MASTICATION / Dogmas (CD)



(ORCD 148)  ABORT MASTICATION / Dogmas (CD)
Release Date : 9th August 2019

Tokyo based Chaotic Death Grind formed in 2006 
Featuring member of BUTCHER ABC, ex COHOL, OZIGIRI. 
9 songs, 21 min - 2nd album. 

2006年から2009年に活動した東京出身のデスメタル・グラインドコア。
フルアルバム1枚を発表し活動休止。短い活動期間だったにも関わらずTokyo Deathfest、ドイツのLudwigshafen Deathfestに出演するなど国際的にもライブ活動を行い、オリジナリティある楽曲とメンバーの存在感でアンダーグラウンドシーンでカルトな支持を得ていたABORT MASTICATION。
休止後、ボーカリストはエレクトログラインド、OZIGIRIを結成。ベーシストはBUTCHER ABCに、ドラマーはCOHOLに加入。ギターリストは爬虫類屋を開業と個々に活動。
2012年に突如、再活動し「本物の苦痛、恐怖を体現する音」を追及するため「Serial Death, Psychopath Grind」というコンセプトを元にセカンドアルバム 「Dogmas」を6年半の歳月をかけて制作。
グラインドコアのエクストリームさ、デスメタルのもつブルタリティがABORT MASTICATIONによって新たに再構築され創り上げられた渾身のアルバム。

(ORCD 147) MORTIFY / Stench of Swedish Buzzsaw



(ORCD 147) MORTIFY / Stench of Swedish Buzzsaw (Papersleeve gatefold CD)
Release Date : October 2019

MORTIFY is the grinding supergroup featuring Koreeda (ex Coffins/Trikorona) on guitar, Ryohei (Final Exit/su19b) on drums and Adam (Disrotted, Sick/Tired) on vocals.
They play old school Grind core with a touch of HM-2 Swedish Death Metal flavor. Their songs are short (usually less than 1 Minute!) angry and you will absolutely have your face ripped completely off with the taste of their Buzzsaw Grind.
1st full album - 21 songs in 12min!!

スウェディッシュデスメタルのトレードマークともいうべきBoss HM-2のエフェクトペダルによるBuzzsawサウンドでオールドスクールグラインドコアをプレイするために結成されたMORTIFY。
ギターにex COFFINSでTRIKORONAでプレイするコレエダ、ドラムにFINAL EXIT / SU19Bのリョウヘイ、ボーカルにDISROTTEDのアダムというスーパーバンド。
ほとんどの曲が1分未満の超速ブラストソングをBuzzsawサウンドで演奏する秒殺グラインドコア。
22曲12分!!のファーストフルアルバム。

(ORCD 146) SHINDA SAIBO NO KATAMARI (死んだ細胞の塊) / Saibogu (CD)



(ORCD 146) SHINDA SAIBO NO KATAMARI (死んだ細胞の塊) / Saibogu  (CD)

Release date : 6th June 2019

Formed in 2015, 3 x young Blasters comes from Japan.
Brutal Death based technical riffing with complex song structure but keeping super brutality.
Totally 8 songs, 1st full album

2015年 コンポーザーのKaniを中心に東京で結成。
平均年齢24歳とは思えない演奏力の高さと楽曲のクオリティ、そして行動力で来日アーティストのオープニングやローカルライブも数多く行う。
2018年にObliterationからシングルCD 「禍具魂」をリリースし韓国ツアー、インドネシアツアーも敢行。
本作は満を持してのファーストフルアルバム。SAIGAN TERROR、BUTCHER ABC、SELF DECONSTRUCTIONなども使用したStudio ChaosKにてレコーディング。
ブルータルデスメタルという音楽ジャンル枠を超え様々なエクストリームミュージックを吸収し、変拍子など複雑なリズムを取り入れながらもブルタリティを損なわず「死んだ細胞の塊」らしい独特かつ無軌道・無秩序な楽曲8曲を収録。
2019年7月には中国、フィリピン、タイのアジアツアーも予定。タイ・バンコクではカナダのテクニカル・デスメタル、CRYPTOPSYのオープニングアクトにも起用され今後の活躍がますます期待されるバンド。

(ORCD 145) INTESTINE BAALISM / The Energumenus + Live at Asakusa Deathfest 2018 (CD)



(ORCD 145) INTESTINE BAALISM / The Energumenus + Live at Asakusa Deathfest 2018  (CD)
Release date : 24th May 2019

Japanese Death Metal legend formed in 1992
Their 1st demo 1994 remastered + High quality digital multi-recorded live trax.
Total 10 songs.

1992年結成、日本のデスメタル黎明期でいち早くメロディとブルタリティを融合させたデスメタルをプレイし国産メロディックデスメタルの始祖といいっていいバンドがこのINTESTINE BAALISM。
これまでに3枚のフルアルバムをリリースし国内はもちろん海外で高い評価を受ける。
2019年5月には彼らの初海外遠征となるオランダ Netherlands Deathfestに出演。
本作は彼らの最初期にあたる1994年に録音された6曲入りデモテープをリマスタリングしてCD化再発。
ボーナスに浅草デスフェスト2018でのハイクオリティなライブ4曲を収録。

(ORCD 144) Entrevista con los 3 Asesinos! (CD)



(ORCD 144) Entrevista con los 3 Asesinos! (CD)
Release Date : 26th April 2019

ANAL VOLCANO / GEROPETORO / KRUELTY
3 x Japanese bands, totally 10 songs. 

ANAL VOLCANO
謎の覆面集団。メンバーが誰なのか、何人いるのかすら分からない。
様々なバンドのメンバーが関与しているなど色々な噂や憶測が飛び交っているが真相は謎?
そんなブルヘリアスタイルを地で行くANAL VOLCANOのサウンドはDISRUPT、ENT等からの影響やビートダウンやパワーバイオレンスの要素も垣間見えるツインボーカルのハードコア。

GEROPETORO
ハイスクール時代の仲間と結成された仙台産パワーゴアバンド。結成当初からゴアグラインドのエッセンスとハードコアのアティトュードとのバランスを追求。一筋縄ではいかないSDCHCから学んだ要素を独自に昇華し紋切型の地下カルチャーに徹底応戦のスタンスで活動を続ける。

KRUELTY
2017年結成。ドゥーム〜デスメタル〜ハードコアのすべての要素を取り込んだ激烈暗黒サウンド。
爆音のギターに強烈にリバーブのかかったスネアやボーカル、叩きつけるようなバスドラとベース、そして何より暗いグリーン一色に絞ったステージカラーを武器に度肝を抜くライブパフォーマンスで東京のハードコアシーンのど真ん中で活動。

(ORCD 143) FECUNDATION / Morte Cerebral (CD)



(ORCD 143) FECUNDATION / Morte Cerebral (CD)
Release date Jan 18th 2019

Featuring Young But Super guitarist, Chuck Jenga (NAMM 2018 at Vola Guitar) is one of the best guitarist. FECUNDATION comes from Korea.
US Brutal Death Metal based Technical riffs and shreds solo.
5 songs of full of brutalities brow your brains out!!

2013年から活動する韓国産テクニカル・ブルータルデスメタル、FECUNDATION
USブルータルデスメタルの系譜を踏襲しながらもスーパーテクニカルリフ、速弾きソロを大胆にとりいれた楽曲でアジア以外でも高い評価を受ける。
またFECUNDATIONのメンバー、Chuck Jengaはアメリカで毎年開催されている世界最大規模の楽器ショー NAMM 2018のVola Guitarブースにてデモプレイの経験もありギターリストとしても活躍。
これまでベースレスの2人組で活動していたが2018年からベーシストとして日本のINFERNO HADESのメンバー、Kei Sunanoが加入しての初レコーディング音源。
テクニカル・ブルータルにさらに磨きのかかった5曲を収録。
2019年12月には来日ツアーを予定。



(ORCD 142) DIARRHEA / Anal Torture Grind (CD)



(ORCD 142) DIARRHEA / Anal Torture Grind (CD)
Release Date 21st Dec 2018

DIARRHEA formed by Sawada who early member of VOMIT REMNANTS (on demo) / former member of RITUAL CARNAGE and Nomoto who former member of SAPROGENIC ENTRAILS (including original member of INTESTINE BAALISM)
Their Debut EPCD. 8 songs of Filthy Raw Grind Core!! 

RITUAL CARNAGEのオリジナルメンバーで日本が世界に誇るブルータルデスメタル、VOMIT REMNANTSの初期デモ2本でのメンバーだった澤田とINTESTINE BAALISMの初期メンバーで現在活動中のMYOCARDIAL INFARCTIONのドラマー、宮田氏と90年代にSAPROGENIC ENTRAILSを結成していた野本が21世紀以降に結成したグラインドコアバンド。
元祖グラインドコア、REPULSIONのようなRawで野蛮なサウンドをベースにBLOOD DUSTERのデモ音源時代や初期のCARCASSなど後期80~初期90年代のデスメタル、グラインドコアがまとっていたアンダーグラウンドの腐臭をプンプンと臭わせるお下劣下痢便なグラインドサウンド。8曲入りデヴューミニアルバム。
日本で初めてアメリカのMorrisoundで録音した経緯や90年初期のデスメタルシーンなどについてメンバーが語ったライナー付き