(ORCD 131) WARFUCK / This was supposed to be fun (CD)



(ORCD 131) WARFUCK / This was supposed to be fun (CD)

The french power duo grindcore band, touring like maniacs around the world since 2012, take dishes out unrelenting, hi-speed blast-beats, intense hardcore breakdowns tight, sick drumming and weird, dissonant riffs.
THIS WAS SUPPOSED TO BE FUN, recorded, reamped, mixed and engineered by Serge Spiga at The Clockwork (Cremation, live sound engineer for Conan, Grinding Delemont Festival, Yob, Electric Wizard etc), mastered by Dan Swano at Unisound AB (Nasum, Bloodbath, Incantation etc), Artwork direction by the tortured soul of Hugo Charpentier (Mauvaise Foi Edition).
Including 15 songs in 23 min, features their strongest songwriting to date - while also delivering their most bone crushing breakdowns yet and terrifying, break neck speed. Prepare for grinding ear rape…"
For fans of ROTTEN SOUND, MAGRUDERGRIND, NASUM and PIG DESTROYER.

発売日 : 2018年5月25日
販売価格 : 1500円 (税抜き)

バンド名 :  WARFUCK
タイトル :  This was supposed to be fun
品番 : ORCD 131
フォーマット : 12cm CD
レーベル : Obliteration Records
収録時間 : 15曲23分

2011年にフランスで結成したハイスピードブラスト・グラインドデュオ、WARFUCK。
2人組ながら圧倒的なスピードとパワーでゴリ押しするグラインドソングを武器にヨーロッパを中心に多数のツアーを敢行。Obscene Extreme フェスにも出演。
2016年にはジャパンツアーも敢行しDIYで14箇所をツアーするという快挙を成し遂げる。
本作は前作セカンドアルバムから3年ぶりとなるサードアルバム。
レコーディングはELECTRIC WIZARD、CONANなどのライブサウンド・エンジニアの経験のあるSerge Spigaが手がけ、マスタリングはスウェディッシュデスメタルシーンの重要人物、EDGE OF SANITYのDan Swano。サウンドプロダクションも前作よりも格段にレベルアップしこれまで以上にキレのあるグラインドコアが炸裂している。
NASUM、ROTTEN SOUND、PIG DESTROYER 、MAGRUDERGRINDなどのグラインドコアファンには絶対的に聴いて欲しい1枚。
6月には2度目のジャパンツアーを予定している。
Obliteration レコードによるアジア流通限定盤。